目の疲れを予防するためには適度な休憩が必要です


目に負担をかけない

最近、目の疲れを訴えている人が増加傾向にありますが、その原因の一つとしてスマートフォンやパソコンの普及が挙げられています。
こうした機器から発せられている光はブルーライトで、この光を目が浴び続けてしまうと目の疲れを引き起こしてしまいます。
長時間見ることによって目に大きな負担を与えてしまいますが、目だけではなくその他にも頭痛や肩こり、腰痛などにも影響します。
普段からスマートフォンやパソコンを使っている人は、一時間に一度は休憩を挟んでいることで目の負担を軽減させることができます。
また、何かに夢中になっているときは自然とまばたきの回数が少なくなっている傾向があるのです。
まばたきの回数が減ると目に必要な水分が乾燥してしまい目の疲れの原因となってしまいます。
目はずっと呼吸を繰り返していますが、コンタクトなどの異物をつけていると正常な呼吸ができないため裸眼よりも目の疲れを発生させやすいです。
コンタクトの装着時間は決まっていますが、それ以上装着すると目に負担をかけるので使用方法を守らなければなりません。

目に負担をかけると視力低下を招く恐れがあるので、視力低下にならないためには極力目のことを考えて生活をしていくことが大切です。
目が疲れたときは少し睡眠を取ったり、目薬をさして落ち着かせたりなどをすれば、負担軽減に繋がります。
目の疲れが原因でドライアイになってしまうこともあるため、仕事でパソコンを使っているデスクワークの人は特に注意が必要です。
常にパソコン画面を見ているので目の疲れは避けられないことですが、仕事中に自分自身で目の休憩時間をつくるなどをすればドライアイのリスクも減ります。


オススメリンク

  1. 毎日使う目の疲れを解消するならこちらを参考にしよう!:目の疲れ解消マニュアル
  2. 眼精疲労を感じたらこちらのサイトで原因や対策をチェックしてみましょう。おすすめのサプリメントも紹介していますよ。

注目の記事

  1. マッサージをする
  2. 食事で改善
  3. 充血を改善
  4. コンタクトを使う