目の疲れを予防するためには適度な休憩が必要です


コンタクトを使う

視力が低下してしまった人が矯正のためにメガネやコンタクトレンズを使用することが多いのですが、コンタクトレンズを使う人の多くは、定期的に目薬をさして目の乾燥を防ぎ、目の疲れ改善を行わなければいけません。
コンタクトレンズを使用することによってメガネを装着させること無く視力を高め、周りが見えやすい状態にすることができます。
しかし、コンタクトレンズは目の角膜を直接覆うことになってしまいますので、角膜の呼吸を邪魔してしまいます。目の角膜部分は呼吸していることが多いのですが、角膜の呼吸を邪魔してしまう装着をしてしまいますと角膜が本来持っている抵抗力の低下につながり、目に悪影響を与えてしまう危険性があります。
正しい方法でコンタクトレンズを使用しなければ角膜の状態が悪化し、目の疲れをより感じやすくなってしまいます。
目の疲れの予防や改善を行うためにも角膜のケアを常に心がけながらコンタクトレンズを使わなければいけません。
コンタクトレンズを使用すると、どうしても裸眼やメガネに比べて角膜の呼吸範囲が狭くなってしまいます。
ソフトコンタクトレンズの場合、涙などの水分によって角膜に酸素が運ばれ、角膜呼吸のサポートを行ないます。目が乾かないように定期的に水分を与えることが大切です。
ハードコンタクトレンズはソフトとは異なり、コンタクトレンズそのものから酸素を送ることが可能な商品が多いです。
ただし、購入する時は酸素が浸透する目安であるDK値が高い商品を選ばなければいけません。
目の疲れを事前に予防するために、目の角膜ケアを行うことができるコンタクトレンズを選んで購入しましょう。