目の疲れを予防するためには適度な休憩が必要です


食事で改善

目の疲れを改善するために大切なのが普段から改善に必要な事を把握し、実行することです。目の疲れを改善するためにツボ刺激を行うことが大切なのですが、ツボ刺激を行いながら食習慣を改善することによってより効果を高めることができます。
食べ物にはたくさんの成分が含まれているのですが、目の疲れの改善に効果的なのがビタミンB1やビタミンC、ビタミンAなどの成分です。
目の疲れの原因として最も有名なのが目の筋肉が疲れている状態です。ビタミンB1には、様々な筋肉の疲労を改善する効果があり、摂取することによって目の疲れを改善することができます。豚肉やナッツ類などの食品にビタミンB1が多く含まれていますので、たくさん摂取しましょう。
目の働きによって様々な物を見ることができるのですが、物をはっきりと映す水晶体部分の表面はビタミンCによって包まれています。ビタミンCが不足してしまいますと、白内障になりやすくなり、とても危険です。
ピーマンやパセリなど、ビタミンCをたくさん含む食品を摂取して目の健康を維持しましょう。暗い場所で物を見るためには目の網膜細胞の働きが必要不可欠です。目の網膜の働きが低下してしまいますと、暗いところで目が見えづらくなり、目に対して与える負担が大きくなってしまいます。その結果、疲れ目になりやすくなってしまいます。
網膜の働きを向上させるためにはビタミンAが大切です。レバーや卵黄などビタミンAを多く含む食品をたくさん食べましょう。